カテゴリ:和楽器集団「鳳雛」( 99 )

☆2017年☆

2017年も2週間が経ち、鏡開きも過ぎ、

新たな抱負を胸にお過ごしのことと存じます。


私はというと年末年始は相変わらずの太鼓漬けの日々を送っておりました!

教室のクリスマス会や、

a0088581_1646278.jpg


忘年会イベント、

a0088581_16474160.jpg


元旦イベント演奏

a0088581_164822100.jpg


ショールームでの新春イベント演奏

a0088581_16491852.jpg

a0088581_16492784.jpg

a0088581_16493980.jpg


様々な場所で演奏をさせていただきました!

皆さまありがとうございました!!


さて、鳳雛和太鼓教室では、2017年2月26日(日)に、

「鳳雛和太鼓教室第五回発表会」

が控えております。

年始には年末に会議で決めた転換(太鼓の出し入れ)のお稽古も行い、

少しずつボルテージも上がっております。

今回は、東京都北区王子駅すぐそばの、北とぴあつつじホールにて開催いたします。

発表会→お浚い会→発表会のように順々に行い、より質の高いものを求めて、

毎回稽古に励んでおります。

本日も会場にて打ち合わせをさせていただきました。

前回和楽器集団「鳳雛」の十周年の際にお世話になったスタッフさんが、

覚えてくださっていて、とても嬉しく、俄然やる気出ました!

自分の出演は少ない分、門下生達に良い環境で打ちこんでもらえるように、

裏方も頑張っております!!

残り40数日!みんなも頑張って!!


現在門下生のご家族、知人の方々を優先にご案内をさせていただいております。

一般の方は残席がある場合のみ、サイト等でご案内させていただきますので、

予めご了承ください。


日頃より支えてくださっている皆さまに感謝を込めて、

今年も精進して参りますので、

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。


和楽器集団「鳳雛」

兒玉 文朋
[PR]
by wadaiko-housuu | 2017-01-12 17:02 | 和楽器集団「鳳雛」 | Comments(0)

☆2016☆

2016年も残り僅かとなりました。

たくさんの演奏場所を与えてくださった方々

また足をお運びいただきました方々

ご指導ご鞭撻頂戴いたしました方々

皆様に感謝を申し上げます。


今年は通年に比べ、色々考える年になりました。

在り方

生き方

太鼓を打つだけでなく、そうした精神的なことも

多くを悩み、皆様からたくさんの勉強をさせていただきました。

お力添えをいただいた奏者の皆さんはもとより、

お仕事を頂戴した皆さま

職人の皆さま

教室の門下生

すべての方々が私の師であり、

本当にお世話になりました。


上半期に私の大切な恩師を亡くし、

下半期に少し身体を故障したりもして、

30代後半になったことでより一層健康への意識も高まりました。


今年は支えられっぱなしの1年であった気がします。

私は不器用でなかなか自身が思うように表現を伝えきれないことも

多々ございますが、

皆さまの心を打てるような、

また1人の男として、

また一人の人間として、

更に精進していきたいと思っております。


元旦は地元での演奏から2017年打ち初めとなりますが、

良い新年のスタートが切れるよう頑張ってまいります!


皆さま、こんな私ですが、

2017年も何卒よろしくお願いいたします。

a0088581_2202284.jpg


和楽器集団「鳳雛」

兒玉 文朋
[PR]
by wadaiko-housuu | 2016-12-31 22:01 | 和楽器集団「鳳雛」 | Comments(0)

深秋の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。

最近は暖かい日と冷え込む日が交互にくるような毎日で、

皆さま体調にはくれぐれもお気を付けください。

と、とんでもなく定型文のような時候の挨拶をしたところで、

今日はある学校へ指導に伺ったお話しを。

9月10月の複数回、福島県いわき市立桶売小・中学校へ指導へお邪魔いたしました。

(昨年の様子はこちら→2015年9月のブログ

今年は当校の教頭先生が中心となり、

文化庁の文化芸術による子供の育成事業の芸術家の派遣事業を活用いただき、

昨年に引き続き「鬼ヶ城太鼓」の指導にあたらせていただきました。

前回のブログにも記載いたしましたが、

元々は地域の青年団で行われていたこの鬼ヶ城太鼓ですが、

打ち手がいなくなり、現在桶売の小中学生が担い手となっております。


久しぶりに訪ねた際も子ども達も覚えていてくれてとても嬉しく思いました。

さて、指導はというと、子ども達は譜面を見て学ぶのではなく、

口伝(口唱歌)といって、リズム等はすべて口で伝えられてきました。

そんな中鬼ヶ城太鼓の五線譜が見つかったのですが、制作時と現在の伝わっているものが

かなりアレンジされていて、まずはそこを整える作業から始まりました。

限られて時間の中で、曖昧な手を必死に確認して、出来る限り譜面に近づけながら、

さらに良い物にしようと生徒、児童達はとても熱心に耳を傾けてくれました。


鬼ヶ城太鼓にはそれぞれ情景描写がされていて、

例えば、郷の風景を表した物だったり、坂上田村麻呂と鬼との戦いの様子だったり、

そのすべての情景がどのような音で、どのようなフリで、また所作で表せばよいかなど、

昨年とは違い、少し音楽的な部分もかなり取り入れての指導となりました。


少しのバチの傾け方で見え方は大きく変わりますし、

打ち方1つで、荒い描写なのか、繊細な描写なのかも変わってきます。

掛け声もその1つで、勇ましさを含めた声と、ただの発声では、

同じ「ハッ」という言葉1つでも大きく印象が異なります。

時間も限られていたのでなかなか入り込めなかった部分もありましたが、

子どもたちが自発的に考えて取り入れてくれたおかげで、

この2か月で飛躍的な成果を上げることができたと思っております。


どんなことでも「なぜこれをしているのか」「なぜこうなのか」の

意味合いを考えるだけで物事は大きく変わります。

今年卒業する子達も多く、また新しい世代へと受け継がれていきます。

その中でまた失っていくものもあるかもしれませんが、

良いものはしっかり残して、そして新しく取り入れるものは取り入れ、

そういった伝統もあって良いかと思いました。


ただ現実として鬼ヶ城太鼓を担っている子ども達も過疎化、

少子化の現実が襲っています。

私も当校の校長先生と同じように、なんとかこの芸能を守っていきたいと考えております。

幸いなことに器材は現在充実しておりますが、とにかく打ち手です。

どなたか良いお知恵を拝借出来ましたら幸いです・・・。


複数回の指導を終え、先日発表の場を見に再び福島へ!

a0088581_16204292.jpg


まだ紅葉!!というわけではありませんでしたが、

a0088581_16211758.jpg


収穫の後が秋を感じさせてくれました。

a0088581_16214677.jpg


ここはいつも通る山の中の大好きな場所なんです。

a0088581_16222770.jpg


この日の発表の場はその名も「鬼ヶ城」で行われる収穫祭!

屋台もたくさん出ていて、豚汁やきじおこわなんかもありました!

その会のトップバッターとして、桶売中学校の皆さんの演奏。

a0088581_16241926.jpg


前口上から始まり、7曲を披露!

a0088581_16252231.jpg

a0088581_16253797.jpg

a0088581_16255360.jpg

a0088581_162644.jpg

a0088581_16265412.jpg


色々これからよくしていきたい課題も見えましたが、

ほんっっっとに頑張ってくれました。

終わった後に頑張ったみんなと。

a0088581_16284940.jpg


桶売での指導は(昨年もそうでしたが)、自分が誰よりも

勉強をさせていただいている気がします。

教える側、教わる側、なんて垣根は存在せずに、

すべてを学び、取り入れる空間を感じることが出来る、

私にとって大切な場所になっています。

私こそ皆さんにお礼を伝えたい気持ちでいっぱいです。


なかなか会うことは出来ませんが、皆さんの健やかな成長を願っております!

桶売小中学校の先生方、保護者の皆さま、

そして生徒、児童のみんな、本当にありがとうございました!

また笑顔で会える日を楽しみにしております!

明日(11月5日)の演奏も頑張ってください!!

a0088581_16352477.jpg


和楽器集団「鳳雛」

兒玉 文朋
[PR]
by wadaiko-housuu | 2016-11-04 16:35 | 和楽器集団「鳳雛」 | Comments(0)

良い教訓見つけました!

「色んな物事で上達しない人の特徴」


・基礎を甘く見てる

・基礎をやらずに応用にすぐ手を出す

・物事は基本的に調べない

・試行錯誤何て事はしない

・有名な人がやってることの真似すれば良いと思ってる

・努力が嫌い

・すぐに効果のでない物はやらない


意識一つでかなり改善されそうなものばかりですよね。

「好きこそ物の上手なれ」


特に自分で望んで取り組んでいるなら尚更ですね。

自分も初心を忘れないように精進します!


さてさて最近は、

a0088581_133129.jpg


知人の演奏会にお邪魔したり、

(やっぱり他の演奏家の舞台観るの勉強になりますよね!)

a0088581_134163.jpg


イケメン3人(←あえて強調)で演奏したり、

(この演奏も楽しかったなぁ)

なんだかんだ一人でまたバタついてました(笑)


来年2月に向けた教室の発表会のお稽古も、

心の中で一人で焦っていたり・・・

あ!10月2日(日)に教室の門下生が、

第33回ふるさと北区区民まつり(滝野川公園会場)にて

演奏させていただきます。

詳しくは、鳳雛和太鼓教室サイトをご覧ください!

そしてそんな教室は来週末から合宿に行ってまいります!


来週昨年に引き続き福島の学校にも指導で伺います!

今年もあっという間に寒くなって、12月だ!ってわたわたして、

年が明けて「今年も残すところあと360日と・・・」って。

1日1日大切に生きましょう!


そんなわけで9月8日、箏奏者の石田真奈美さんのお誕生日ー!!

前もって祝いました!

a0088581_1344314.jpg



さて気に入りすぎたのでもう1回書いておこう。

「色んな物事で上達しない人の特徴」

・基礎を甘く見てる

・基礎をやらずに応用にすぐ手を出す

・物事は基本的に調べない

・試行錯誤何て事はしない

・有名な人がやってることの真似すれば良いと思ってる

・努力が嫌い

・すぐに効果のでない物はやらない

皆さま時節柄くれぐれもご自愛ください。

和楽器集団「鳳雛」

兒玉 文朋
[PR]
by wadaiko-housuu | 2016-09-08 13:14 | 和楽器集団「鳳雛」 | Comments(0)

*画像の無断使用・転用・転載は固くお断りいたします*

2016年7月16日(土)

和楽器集団「鳳雛」演奏会

~雨奇晴好~

*フォトグラファー 平賀正明*

a0088581_0453974.jpg

a0088581_046310.jpg

a0088581_04615100.jpg

a0088581_0463156.jpg

a0088581_0465098.jpg

a0088581_047489.jpg

a0088581_0471119.jpg

a0088581_0472542.jpg

a0088581_0474088.jpg

a0088581_0475297.jpg

a0088581_0481372.jpg

a0088581_0482738.jpg

a0088581_0483953.jpg

a0088581_0484768.jpg

a0088581_0485657.jpg

a0088581_0491371.jpg

a0088581_0523642.jpg

a0088581_05249100.jpg

a0088581_0525781.jpg


出演
太鼓 兒玉文朋  尺八 中村仁樹 
箏 平田紀子  日原暢子
笛 望月美都輔 正田温子
打物 安倍真結 小川実加子

太鼓地方 高橋康弘

今後とも和楽器集団「鳳雛」を

御贔屓、お引き立ての程、

またご指導、ご鞭撻の程お願い申し上げます。

和楽器集団「鳳雛」
兒玉 文朋
[PR]
by wadaiko-housuu | 2016-07-26 00:58 | 和楽器集団「鳳雛」 | Comments(0)

あっという間に7月ですね!

今回は7月16日(土)の

和楽器集団「鳳雛」演奏会~雨奇晴好~

の出演奏者プロフィールと、プログラムを一挙公開です!

和楽器集団「鳳雛」演奏会〜雨奇晴好〜
7月16日(土) 17:30開場 18:30開演
日暮里サニーホール
出演
尺八 中村仁樹
笛 望月美都輔 正田温子
箏 平田紀子 日原暢子
打物 安倍真結 小川実加子
和太鼓 兒玉文朋

和楽器集団「鳳雛」事務局
電話 03-5944-6392
(演奏、指導活動により、留守番電話になる場合がございます。
その際はお名前とご連絡先のメッセージをお願いいたします。
改めてこちらからご連絡させていただきます。)

メール info@housu.jp
(メールでのお問い合わせ、お申し込みは、
お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、チケット区分、枚数
をご連絡ください。)


以下奏者プロフィールです!

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
a0088581_1444562.jpg


和太鼓  兒玉 文朋(こだまふみとも)

東京都出身
和楽器集団「鳳雛」代表
鳳雛和太鼓教室 主宰
幼年の頃よりピアノを始め、ブラスバンドでチューバ、パーカッションを学び、
独学でドラムを学ぶ。
高校卒業後、保育の専門学校に入学し、その傍ら芸能事務所に所属し、主に舞台役者として活動。
富山県利賀村にて行われる「全国演出家コンクール」に役者として2年連続参加。
感情表現の為に、と太鼓を始め、2005年4月に「鳳雛」を立ち上げる。
同年8月、自ら企画、構成、演出、作曲を手掛け初ライブを行い、盛況をおさめる。
演奏会の他にもライブ、企業イベント、祭事、学校公演などで幅広く演奏活動を行っている。
2008年2月、若手和楽器奏者27名を集い、
「鳳雛×和楽団「煌」和楽器奏会~夢幻~」の総合指揮を執る。
同年9月、「鳳雛和太鼓教室」を開講。
和太鼓クラス講師。現在幼児から大人クラスまで8クラスを展開。
礼節を重んじながらも親しみの持てる指導には定評があり、
現在約80名の生徒が日々稽古に励んでいる。
2011年、宮本亜門氏演出のミュージカル「太平洋序曲」の和太鼓指導。
2013年和楽器集団「鳳雛」演奏会~祇是未在~を披く。
2014年東京マラソン演奏、鳳雛和太鼓教室第三回発表会、寺院法要演奏、
日本舞踊公演、学校公演・祭事多数。
2015年和楽器集団「鳳雛」十周年記念演奏会~あるべきよう~を披く。
同年「高松宮殿下記念世界文化賞」歓迎の夕べ、明治神宮本殿にて奉納演奏。
鳳雛和太鼓教室第四回発表会、福島県いわき市伝統芸能「鬼ヶ城太鼓」の指導にあたるなど、
国内を中心に活動の場を広げ、視聴者が聴きやすく、全員が楽しめる空間を追求し、
その場にあった音楽を提供することを心がけ活動している。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

a0088581_1444571.jpg


尺八 中村 仁樹 (なかむらまさき)


愛媛県宇和島市出身。
宇和島文化大使。浄土宗芸術家協会会員。
東京藝術大学音楽学部邦楽科尺八専攻卒業。
第六回尺八新人王決定戦、第三回東京邦楽コンクール、
第二回和洋楽器グループコンテストで優勝。
読売新聞社賞、日本民謡協会賞受賞、宇和島大賞受賞。
海外公演多数。
社寺仏閣で100回超の演奏を重ねる。
SQUARE ENIX『戦国IXA』テーマソング参加。
増上寺にて仏教成人大学講師。
HANABI projectにてModern Colorsが収録されたコンピレーションCDが
iTunesダンスチャート1位を獲得。
尺八本来の響きを生かし、様々なジャンルを自在に行き来するスタイルは
多くのファンを魅了してやまない。
大自然や自己の内なる世界を投影したオリジナル曲は高い評価を得ている。
これまでに10枚のアルバムを発表。30枚以上のアルバムに参加。
公式ホームページhttp://www.masaki-nakamura.com

テレビ・ラジオ出演
NHK「こんにちはいっと6けん人生”わたし”流」「おはよう日本」
TBS「新型学問 はまる!ツボ学・今年ブレイクするイケメン」「東福寺音舞台」
MBS「大覚寺音舞台」テレビ東京「木曜8時のコンサート」
テレビ朝日「関ジャニの仕分け∞」
フジテレビ『イケてる男とブサイク』『イケてる男と聞きたい女~聖なる夜に女の疑問解消SP~』「MOSHI MOSHI JAPAN FESTIVAL 2015 in TOKYO 」フジテレビONE/TWO/NEXT「キュンメンミニッツ」
東京MXTV「エレガントタイムコンサート」「ようこそ桜の国へ」
ネスカフェCM出演。
NHK-FM「邦楽のひととき」NHK-FM「邦楽ジョッキー」FM愛媛「公開録音live」
============================
その他メディア出演・海外公演
週刊文春「伝統を担う若者たち。和系イケメン図鑑」LINDAμ’s「見目麗しき伝統男子」 掲載。
国際交流基金主催「トルコにおける日本年」にてトルコ公演。外務省招聘により、マラウィ、ケニア、アフリカ公演。TOYOTAナーダム2014にてモンゴル公演。中国公演。
HeavyRockバンドHeavensDustにて韓国公演。アメリカ公演。
愛媛新聞2016新春号、特集記事掲載。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

a0088581_14461855.jpg


箏 平田 紀子(ひらたのりこ)

大阪府出身。
深海さとみに師事。東京藝術大学卒業。
在学中に宮城賞、卒業時にアカンサス音楽賞・同声会賞受賞。
宮城道雄記念コンクール、賢順記念全国箏曲祭コンクールなどで第一位受賞。
NHK Eテレ「にっぽんの芸能」に独奏で出演。
その後、同番組のテーマ音楽、NHKラジオ第一「新日曜名作座」劇中音楽などの録音に携わる。
アンサンブル室町「東方綺譚 “Noubvelles Orientales de Marguerite Yourcenar”」公演にて
サントリー芸術財団より第13回佐治敬三賞を受賞。
「日本作曲家協議会主催アジア音楽祭」「第10回世界合唱シンポジウム」などで
各種箏の独奏を務め、様々な国の作曲家による箏作品を紹介する。
山本和智作曲の箏協奏曲「散乱系」で京都フィルハーモニー室内合奏団と共演し、
世界初演をつとめるなど、作曲家からの信頼も篤い。
箏と尺八による「邦楽四重奏団」、笙と箏による「Duo Nano」でも作曲家とともに
コンサートを創りあげ、特に邦楽四重奏団では通常公演の他、
下山一二三・野田暉行の邦楽個展を行い、
隠れた名作の数々を掘り出すなど意欲的な演奏活動を行う。
その他、「光山組」でzip!に出演し、テイラー・スウィフト氏に和楽器の演奏を披露。
「古代祝祭劇 太陽の記憶―卑弥呼―」にて堤剛氏・中村児太郎氏などと共演、
日本各地での公演に加えシンガポール公演でも好評を博すなど、
様々な活動を通して邦楽器の魅力と音楽性を発信することに力を入れている。
現在、東京芸術大学教育研究助手。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

a0088581_14475522.png


箏 十七絃箏 日原 暢子(ひはらようこ)

東京藝術大学邦楽科生田流箏曲専攻卒業。
アカンサス音楽賞及び同声会新人賞受賞。同大学同声会新人演奏会に出演。
宮内庁主催皇居桃華楽堂御前演奏会に出演。同大学音楽研究科修士課程修了。
桐朋芸術短期大学日本音楽専修にて現代邦楽を学び、専攻科及び研究生修了。
東京藝術大学邦楽科教育研究助手を務めた後、
2012年度文化庁新進芸術家育成事業研修生として研鑽を積む。
大垣市制90周年記念事業「ニューイヤーコンサート」にて
ウィーン・フィルメンバーのヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルク(Vn)
ジュン・ケラー(Vn)の両氏と共演。
第1回リサイタル〜いにしへから未来へ続く音を求めて〜、
第2回リサイタル〜今に生きる音を紡ぐ〜を開催。
岐阜県サラマンカホール主催「日原暢子箏ソロコンサート二十五絃箏の世界」に出演。
北京中央音楽院民族音楽祭開幕式にて二十五絃奏独奏。
スーパー歌舞伎「空ヲ刻ム者」BGM、
スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」BGMや
NHK教育テレビにほんごであそぼ「一つのメルヘン」などの録音に参加。
第18回賢順記念全国箏曲コンクールにて銀賞(第2位)及び福岡県知事賞受賞。
その他コンクールにて入賞多数。
愛知芸術文化協会ANET新人賞受賞。
2012年度岐阜市芸術文化奨励賞受賞。
現在、芙蓉会、同声会、森の会、日本三曲協会会員。
アンサンブル室町、箏七星、4plusに所属。
これまでに三浦維甫、岩田柔柯、野坂操壽、深海さとみ、大久保智子各氏に師事。
古典演奏の際には、日原藤花維柯として活動。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

a0088581_14482523.jpg


笛 望月 美都輔(もちづき みずほ)

1990年 千葉県生まれ。
2013年 東京藝術大学音楽学部 邦楽科卒業。在籍時浄観賞、常英賞を受賞。
望月流家元より、望月美都輔の名を許される。
2014年 藝大アーツ学生サミット2014『横浜アート物語』参加。
台湾国立伝統芸術センター主催「2014アジア伝統芸術祭」参加。
国際交流基金主催、米国短期派遣チームKAKEHASIプロジェクト参加。
2015年 東京芸術大学大学院修士課程音楽研究科修了。
2016年 千葉市文化芸術新人賞 奨励賞。

13歳の頃、横笛の手ほどきを望月美沙輔氏より受け現在も師事。
これまでに、望月太喜輔、中川善雄、福原徹彦、福原徹の各氏に師事。
2歳より日本舞踊を藤間恵都子氏に師事、藤間流名取。
長唄、長唄三味線を成田涼子氏に師事。
出演に、NHK木曜時代劇「塚原卜伝」「吉原裏同心」
テレビ東京「葬儀屋松子の事件簿3」など。
女流囃子方として古典音楽の演奏を継承する一方、
日本の伝統芸術を国内外問わず発信する事を志す。
演奏会、舞踊会をはじめ各ホール、パーティー会場での演奏や、
学校公演、ワークショップなど多方面に向けて精力的に活動中。
一般社団法人 長唄協会会員。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

a0088581_14585525.jpg


笛 正田 温子(しょうだ あつこ)

1991年東京生まれ。
10歳より民謡の唄、三味線、鳴り物、笛の手習いを受け、15歳より長唄の笛を中川善雄に師事。
東京芸術大学音楽学部附属高等学校を経て、
同大学音楽学部邦楽科、大学院修士課程を卒業。
在学中、浄観賞、アカンサス音楽賞、大学院アカンサス音楽賞受賞。
第27回新人演奏家コンクール優秀賞受賞。
2010年中日青少年交流演奏会(北京・上海)、2012年日中青少年交流演奏会(東京)に参加。
日中韓交流藝大アーツ学生サミット2014『横浜アート物語』に参加。
2015年モスクワ音楽院にて「日本の心」演奏会に出演。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

a0088581_1451815.jpg


邦楽囃子 安倍 真結(あべまゆ)

東京都出身。
幼少より邦楽囃子を母、二代目望月太左衛に師事。
女子美術大学付属高等学校卒業。
東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。
東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程修了。
同大学院音楽研究科博士後期課程修了。博士号(音楽)取得。
在学中、安宅賞、アカンサス音楽賞、同声会新人賞を受賞。
皇居内桃華楽堂に於いて御前演奏の栄誉を賜る。
三味線音楽や筝曲の演奏会、日本舞踊公演などの古典演奏活動を中心に、
和楽器とバロック楽器による混合編成を基本に演劇・舞踊との
コラボレーションによる音楽表現を追求する「アンサンブル室町」への参加、
未唯mie 主催・仙波清彦プロデュース「PinkLady Night」出演、
コーエーテクモゲームス「戦国無双」シリーズ、「討鬼伝」等の
ゲーム音楽レコーディングへの参加など、多岐にわたり活動している。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

a0088581_1452441.jpg


邦楽囃子 小川 実加子(おがわみかこ)


東京都出身。
11歳より長唄三味線を杵屋栄津三郎に師事。
13歳より邦楽囃子を田中佐幸、望月庸子に師事。
東京芸術大学音楽学部附属高等学校を経て、
2007年 同大学音楽学部邦楽科に入学。在学中、常英賞受賞。
2011年 同大学大学院音楽研究科修士課程入学。
2013年 同大学大学院音楽研究科博士後期課程入学。
現在、在籍中。

2010年 田中信昭(指揮)率いる新しい合唱団と共演。その中で柴田南雄(作曲家)作品集「柴田南雄とその時代 第二期」のCD製作において小鼓で参加。
2011年より和楽器と古楽器による音楽集団「アンサンブル室町」にて和打楽器として参加。
2012年 第25回市川市文化振興財団新人演奏家コンクール邦楽部門優秀賞受賞。
2013年より野村誠、音まち千住の縁主催「だじゃれ音楽祭」へ参加。
2014年 ピアニスト松本俊明『DEJAVU ~いつかどこかで~』のCD収録へ参加。
2014年 NUNO JAZZ FESTA2014 出演
2014年 NHK BSプレミアム「マキハラといっしょ」出演
2015年 NHK大河ドラマ「花燃ゆ」出演
2015年 高松宮殿下記念世界文化賞歓迎の夕べ(明治神宮)にて奉納演奏を行う

その他に幼児対象のワークショップや、小学校等での鑑賞教室なども精力的に行う。
古典を中心に、様々な方面において演奏活動中。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

a0088581_14525726.jpg


プログラム

「雨奇晴好」
作調:兒玉文朋 旋律:望月美都輔
笛 望月美都輔 正田温子
締太鼓 安倍真結 小川実加子
和太鼓 兒玉文朋

「水の変態」
作曲:宮城道雄
箏本手 平田紀子
箏替手 日原暢子

「SOLAN」
作曲:中村仁樹
尺八 中村仁樹
笛 望月美都輔 正田温子
箏 平田紀子 十七絃箏 日原紀子
打物 兒玉文朋 安倍真結 小川実加子

「鬨」 新作初演
作曲:中村仁樹
尺八 中村仁樹
笛 望月美都輔 正田温子
和太鼓 兒玉文朋

「春の記憶」 新作初演
作曲:正田温子
尺八 中村仁樹 笛 望月美都輔
箏 平田紀子 十七絃箏 日原暢子
打物 兒玉文朋 安倍真結 小川実加子

「頤神」(いしん)
作調:兒玉文朋 旋律:大野理津
大太鼓 兒玉文朋
笛 望月美都輔 正田温子
打物 安倍真結 小川実加子

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

和楽器集団「鳳雛」演奏会〜雨奇晴好〜
7月16日(土) 17:30開場 18:30開演
日暮里サニーホール
出演
尺八 中村仁樹
笛 望月美都輔 正田温子
箏 平田紀子 日原暢子
打物 安倍真結 小川実加子
和太鼓 兒玉文朋

和楽器集団「鳳雛」事務局
電話 03-5944-6392
(演奏、指導活動により、留守番電話になる場合がございます。
その際はお名前とご連絡先のメッセージをお願いいたします。
改めてこちらからご連絡させていただきます。)

メール info@housu.jp
(メールでのお問い合わせ、お申し込みは、
お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、チケット区分、枚数
をご連絡ください。)


皆様のお越しをお待ちしております!

和楽器集団「鳳雛」
兒玉 文朋
[PR]
by wadaiko-housuu | 2016-07-05 15:03 | 和楽器集団「鳳雛」 | Comments(0)

本日5月25日より、

和楽器集団「鳳雛」演奏会~雨奇晴好~のチケット発売開始となりました!

皆さんお誘いあわせの上、是非お越しください!

学生・外国籍の方の価格もご用意いたしましたので、

是非お気軽にお出かけください!

a0088581_1715885.jpg


a0088581_172752.jpg



2016年7月16日(土)

和楽器集団「鳳雛」演奏会~雨奇晴好~

日暮里サニーホール(東京都)

開場 17:30 開演 18:30

チケット 2016年5月25日(水)発売開始!

一般 3.500円  学生・外国籍の方 2.000円

(全席自由席)*未就学児入場不可*

出演奏者

尺八:中村 仁樹

笛:望月 美都輔  正田 温子

箏:平田 紀子  日原 暢子

邦楽囃子:安倍 真結  小川 実加子

和太鼓:兒玉 文朋

お申込み・お問い合わせは

和楽器集団「鳳雛」事務局

電話 03-5944-6392

メール info@housu.jp

メールでのチケットのお申し込みは

お名前(フルネーム・フリガナ)・ご住所・電話番号・メールアドレス・希望枚数

を明記の上お申し込みください。

和楽器集団「鳳雛」サイト http://www.housu.jp/

和楽器集団「鳳雛」

兒玉 文朋
[PR]
by wadaiko-housuu | 2016-05-25 17:03 | 和楽器集団「鳳雛」 | Comments(0)

明けましておめでとうございます。

本年も和楽器集団「鳳雛」、鳳雛和太鼓教室共々、

精進してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

新年にあたりまして、

和楽器集団「鳳雛」

鳳雛和太鼓教室

両facebookページ
を開設いたしました。



これから少しずつ情報をこちらにも更新出来ればと考えておりますので、

皆さまご登録、そして「いいね!」よろしくお願いいたします。

☆和楽器集団「鳳雛」facebookページ☆



☆鳳雛和太鼓教室facebookページ☆



上記をクリックするとページに移動します。


皆さま本年も何卒よろしくお願い申し上げます。


和楽器集団「鳳雛」代表

鳳雛和太鼓教室主宰

兒玉 文朋
[PR]
by wadaiko-housuu | 2016-01-02 20:05 | 和楽器集団「鳳雛」 | Comments(0)

☆明珠在掌☆

11月!

秋口バタバタしてたら11月!!

今日はまた格段と冷えてすっかり年末のような気候です。

先月はまず教室でお祭りでの演奏してきました!

第32回ふるさと北区区民まつり!

といっても自分は撮影係で門下生のみの出演でした!

お稽古場のすぐ近くの会場なのでこういった環境で

演奏させていただけるのはとても幸せです。

a0088581_12581054.jpg


教室は2016年2月14日(日)にお浚い会を予定しております。

12月頭頃よりご案内させていただければと考えておりますので、

鳳雛和太鼓教室サイトもぜひご覧ください。


10月中旬には、

高松宮殿下記念世界文化賞

での歓迎の夕べにて、

和楽器集団「鳳雛」で演奏させていただきました。

受賞者やそのご家族関係者のみの空間で、場所が

明治神宮本殿!!

普段は17時までしか立ち入ることの出来ないこの場所で、

月夜の元演奏させていただきました。

演奏前には正式参拝させていただき、緊張感も高ぶり、

通常はお賽銭箱が設置されている場所に立派な舞台を組んでいただき、

15分という短い時間でしたが最高の時間となりました。

風の音や篝火の音がより空間を引き立たせていただき、

演奏者として素晴らしい経験をさせていただきました。

演奏後には質問や楽器に触れる時間もあり、

皆さまの笑顔がとても印象に残りました。

受賞者の皆さまおめでとうございました。

平野様、酒井様はじめ多くの皆さま本当にありがとうございました。

a0088581_1345162.jpg


a0088581_135167.jpg


a0088581_1351142.jpg


a0088581_1351857.jpg


尺八:友常毘山 松岡幸紀

笛:小沼菜美 望月美都輔

三味線:田中奈央一 簑田弘大

箏:日原暢子 石田真奈美

十七絃箏:平田紀子

邦楽囃子:安倍真結 小川実加子

大太鼓:兒玉文朋

(あ!写真に箏のH田さんがいない!!汗)


末の週いつも撮影でお世話になっている平賀正明さんのスタジオにもお邪魔いたしました。

といっても私は紹介のみでマネージャーのような感じで・・・。

a0088581_138148.jpg


(杵屋勝四寿くんと。)

自分や共演奏者の方々も平賀さんにお世話になっておりまして、

ヘアセットやメイクも手配していただき、お着物の撮影にも慣れていらっしゃるので、

とても良い宣材をいただけます!


10月末には弾丸で石川県にも行ってまいりました。

a0088581_13111316.jpg


まだ夜も明けきらない内に東京を出発して、

a0088581_13114371.jpg


2時間半で金沢へ!

想像以上に栄えていて、外国の方も多くいらっしゃいました!

a0088581_13123553.jpg


↑これはいい文句(笑)

電車に乗り換え、

a0088581_13131335.jpg


加賀笠間駅へ!

a0088581_13133416.jpg


空が抜けていてとても良い場所です!

ホームに小さい象!?

a0088581_13154079.jpg


そこからてくてく田んぼの横を通り、

a0088581_1316793.jpg


a0088581_13162535.jpg


目的地の浅野太鼓さんに到着!

前々から実際触れてみたかった太鼓があり、

社長さんにご接客いただき、試打させていただきました。

a0088581_13174978.jpg


長胴の深い広がりと、桶のダイレクトな音の中間!!

いや、本当に伺って良かったです。

近い公演で登場するかも・・・。

他にも腰鼓も試させていただきました。

a0088581_13192623.jpg


こちらも大満足!!

太鼓によって本当に様々な音があって、打ち手によって生かすも殺すもできる、

奥深い楽器と再認識しました。

もっともっと勉強して理解を深めて、追求していきたいです!!

a0088581_1322160.jpg


こんなに大きな大太鼓も!

先に出た明治神宮にも5尺の大太鼓がありましたが、

それも浅野太鼓さんの作りです。

ずっと伺いたかった場所に行けてホワホワしていました。

浅野社長さんご多忙の中本当にありがとうございました。

a0088581_13243622.jpg



さてさて11月!

ここからは年末年始、そして年度末までとにかく突っ走ります!!

皆様もくれぐれもご自愛専一でお過ごしください!

和楽器集団「鳳雛」

兒玉 文朋
[PR]
by wadaiko-housuu | 2015-11-02 13:33 | 和楽器集団「鳳雛」 | Comments(0)

☆福島にて☆

彼岸も終わり、名月も出てすっかり秋の装いに。

皆様は「〇〇の秋」をどのようにお過ごしでしょうか。

自分は俗にいうシルバーウィークも毎日太鼓でした!

好きなことをお仕事として出来る事を本当に幸せに思います。


さて、先日福島県のいわき市にある

桶売小・中学校にお邪魔してまいりました。

遡って5月末に桶売中学校の校長先生よりご連絡をいただきまして、

体験活動と指導・演奏で伺うことになりました。

その指導というのが、地域に古くから伝わる

「鬼ヶ城太鼓」

↑クリックすると別サイトに移動します。

という伝統芸能の指導でした。

元々は地域の青年団の方々が継承してきたものでしたが、

過疎化・少子化が進み、現在はこの桶売小・中学校がその担い手となっています。

その学校も小学校、中学校あわせて32名で、

今回は川前小・中学校(児童4名、生徒1名)さんと、

小白井小・中学校(児童5名、生徒3名)、

3校(正確には6校)併せて45名の子達が対象となりました。

2部構成となり、

1部では皆さんに太鼓の体験と和楽器集団「鳳雛」による演奏をご覧いただきました。

時間に限りがありましたが、なんとか皆に触れていただきたくて、

ついつい時間もおしてしまいましたが、

必死に取り組む姿勢にこちらがとても感銘を受けました。


2部では桶売小・中学校の皆を対象に、鬼ヶ城太鼓の指導を行いました。

近年創作の和太鼓が普及し、それも1つのスタイルとなっているのですが、

こういった地域に伝わっていくものは大事にしたいという想いが私自身に強く、

技術的な指導もそうですが、

「なぜ今こうしているのか」

というテーマをもってご指導させていただきました。

新興(だけではありませんが)の創作太鼓と共通することは、

各パートが同じ音を出し、同じ振り付けをしていること、

その前提に共通認識が存在して、そこに向かうことでした。

普段の教室の指導でもそうですが、身体のつくりは大雑把に括れば皆ほぼ同じですが、

それぞれ骨格や姿勢、肉付き、手の大きさ、声の大きさに至るまで、

すべてが異なります。

同じ動作をしようと思っても100%すべてがマッチすることはなく、

どれだけそれに近付け、そう見せるかは安易に考えられがちですが、

実はとても難しいことです。

音も同じように、同じように出しているように聴こえても、

音を出す息や、バチのスピード、湿度等によって微妙に、そして大きく変化し、

実際には全く同じ音は2度と出すことは出来ません。

「音も生き物」

と良く耳にしますが、太鼓に限らず、奏者とその楽器で出せる限られた音の中に、

視聴者に何かしらの感情を受けていただく表現も重要な要素となります。

今「楽しさ」を表現しています!!とむき出しに笑顔を作ったり、

今「切なさ」を表現しています!!と悲しい顔をしたりと、

それも視覚的にはもちろん必要ですが、

潜在的なバックグラウンドが無いと真実は表面化されないものだと思っています。

また日本には美徳として、感情を出さずに淡々とこなすことも、

1つの表現方法として古くから伝わってきています。

「どうだ!俺たちすごいだろう!ほら!感動しろよ!」

とあからさまに出されるとなかなか受け手にはそれは伝わりにくいものです。(特に日本人には)

感受性豊かな小・中学生には

「ああしなさい、こうしなさい」

と指し示すことももちろん大事ですが、

「なぜこうなのか、なんのためにするのか」

を分かりやすく、また納得するまで突き詰めることも大事だと思います。

なぜこの構えなのか、なぜバチをこう持つのか、

皆の視線はどこなのか、何を考えているのか、

何を意識してお稽古するのか、今第三者にどうみえているのか等、

なかなか限られた時間の中で行うのは難しいことですが、

今回の指導がそのきっかけとなれば嬉しく思います。


児童、生徒の皆さんは多少緊張している様子もありましたが、

熱心に耳を傾けていただき、またそれを体現しようと頑張ってくれて、

先生方も私たちの発言や提案を今後のためにメモをとっていただいたり、

とても素晴らしい学校で、私たちが想像していたように、

こちらが貴重な経験をさせていただき、お勉強させていただきました。


今回の公演にとても熱い想いでご依頼をいただいた、

桶売中学校の高橋国雄校長先生はじめ、音楽の二瓶先生、諸先生方、

そして児童、生徒、近隣の皆さま、

本当にありがとうございました!!

また是非お声がけください!

a0088581_15174910.jpg



今週末日曜日(2015年10月4日(日))に、

鳳雛和太鼓教室門下生が東京都北区で行われる

「第32回ふるさと北区区民まつり」(滝野川会場)

にて演奏させていただきます。

滝野川公園内 特設ステージにて

演奏は13:50~を予定しておりますが、

前後する場合もございますので、お越しになられる際は、

時間に余裕をもってお出かけください。


1つの音、1日1日を大切に。

季節の変わり目ですので皆さまくれぐれもご自愛ください。

和楽器集団「鳳雛」

兒玉 文朋
[PR]
by wadaiko-housuu | 2015-09-30 15:21 | 和楽器集団「鳳雛」 | Comments(0)