<   2015年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

☆明珠在掌☆

11月!

秋口バタバタしてたら11月!!

今日はまた格段と冷えてすっかり年末のような気候です。

先月はまず教室でお祭りでの演奏してきました!

第32回ふるさと北区区民まつり!

といっても自分は撮影係で門下生のみの出演でした!

お稽古場のすぐ近くの会場なのでこういった環境で

演奏させていただけるのはとても幸せです。

a0088581_12581054.jpg


教室は2016年2月14日(日)にお浚い会を予定しております。

12月頭頃よりご案内させていただければと考えておりますので、

鳳雛和太鼓教室サイトもぜひご覧ください。


10月中旬には、

高松宮殿下記念世界文化賞

での歓迎の夕べにて、

和楽器集団「鳳雛」で演奏させていただきました。

受賞者やそのご家族関係者のみの空間で、場所が

明治神宮本殿!!

普段は17時までしか立ち入ることの出来ないこの場所で、

月夜の元演奏させていただきました。

演奏前には正式参拝させていただき、緊張感も高ぶり、

通常はお賽銭箱が設置されている場所に立派な舞台を組んでいただき、

15分という短い時間でしたが最高の時間となりました。

風の音や篝火の音がより空間を引き立たせていただき、

演奏者として素晴らしい経験をさせていただきました。

演奏後には質問や楽器に触れる時間もあり、

皆さまの笑顔がとても印象に残りました。

受賞者の皆さまおめでとうございました。

平野様、酒井様はじめ多くの皆さま本当にありがとうございました。

a0088581_1345162.jpg


a0088581_135167.jpg


a0088581_1351142.jpg


a0088581_1351857.jpg


尺八:友常毘山 松岡幸紀

笛:小沼菜美 望月美都輔

三味線:田中奈央一 簑田弘大

箏:日原暢子 石田真奈美

十七絃箏:平田紀子

邦楽囃子:安倍真結 小川実加子

大太鼓:兒玉文朋

(あ!写真に箏のH田さんがいない!!汗)


末の週いつも撮影でお世話になっている平賀正明さんのスタジオにもお邪魔いたしました。

といっても私は紹介のみでマネージャーのような感じで・・・。

a0088581_138148.jpg


(杵屋勝四寿くんと。)

自分や共演奏者の方々も平賀さんにお世話になっておりまして、

ヘアセットやメイクも手配していただき、お着物の撮影にも慣れていらっしゃるので、

とても良い宣材をいただけます!


10月末には弾丸で石川県にも行ってまいりました。

a0088581_13111316.jpg


まだ夜も明けきらない内に東京を出発して、

a0088581_13114371.jpg


2時間半で金沢へ!

想像以上に栄えていて、外国の方も多くいらっしゃいました!

a0088581_13123553.jpg


↑これはいい文句(笑)

電車に乗り換え、

a0088581_13131335.jpg


加賀笠間駅へ!

a0088581_13133416.jpg


空が抜けていてとても良い場所です!

ホームに小さい象!?

a0088581_13154079.jpg


そこからてくてく田んぼの横を通り、

a0088581_1316793.jpg


a0088581_13162535.jpg


目的地の浅野太鼓さんに到着!

前々から実際触れてみたかった太鼓があり、

社長さんにご接客いただき、試打させていただきました。

a0088581_13174978.jpg


長胴の深い広がりと、桶のダイレクトな音の中間!!

いや、本当に伺って良かったです。

近い公演で登場するかも・・・。

他にも腰鼓も試させていただきました。

a0088581_13192623.jpg


こちらも大満足!!

太鼓によって本当に様々な音があって、打ち手によって生かすも殺すもできる、

奥深い楽器と再認識しました。

もっともっと勉強して理解を深めて、追求していきたいです!!

a0088581_1322160.jpg


こんなに大きな大太鼓も!

先に出た明治神宮にも5尺の大太鼓がありましたが、

それも浅野太鼓さんの作りです。

ずっと伺いたかった場所に行けてホワホワしていました。

浅野社長さんご多忙の中本当にありがとうございました。

a0088581_13243622.jpg



さてさて11月!

ここからは年末年始、そして年度末までとにかく突っ走ります!!

皆様もくれぐれもご自愛専一でお過ごしください!

和楽器集団「鳳雛」

兒玉 文朋
[PR]
by wadaiko-housuu | 2015-11-02 13:33 | 和楽器集団「鳳雛」