人気ブログランキング |

☆平成から令和へ☆

2016年8月、

天皇陛下が象徴としてのお務めについてのお言葉があり、

2019年4月、

平成が幕を閉じ、令和の幕が開こうとしています。

昭和から平成に替わった際はまだ子どもだったので、

そこまでの記憶はほとんどありません。

文化14年(1817年)に光格天皇が生前退位をなされてから

約200年ぶりの出来事。

こうして感謝の気持ちや、平成という31年の時代を振り返ることも出来、

貴重な瞬間に立ち会えていることが不思議な気持ちです。

a0088581_20533711.jpg
まるで大晦日から新年を迎えるような、

そんな気が引き締まる、また、

これからの希望を胸に抱くようなこの数日。

同じような気持ちの方も多いのではないでしょうか。

平成の31年、そしてこれから始まる令和の年月。

38歳の自分にとって一つのターニングポイントのような気もしています。

a0088581_20581230.jpg
今日という日は人生の中のたったの1日であるかもしれませんが、

平成という時代の中で、

たくさんの人に出逢い、

たくさんのことを学び、

笑って、泣いて、悔しがって、時には怒りも感じ、

数えきれない失敗をして何度も凹んだことや、

みんなで美味しくお酒を飲んだことや、

一つの目標に向かって進んだこと。

一つ一つが今になって、

そしてこれからの毎日がまた、今になっていく。

a0088581_21035019.jpg
何のために生きていくかなんて

たまに考えるけど、

まぁ1日1日を今は精一杯生きることなのかな、

なんて思っています。

大好きな太鼓打って、たくさん悩んで、

がむしゃらに動いて、たくさん助けられて、

自分が信じる道をしっかり見据えて。


令和の出典元に

「時に初春の令月にして、

気淑く風和ぎ、

梅は鏡前の粉を披き、

蘭は珮後(はいご)の香を薫らす」

とあります。

和ものを生業とする者として、

とても日本ぽく感じる、良い元号で

とても朗らかな良い心持にさせてくれると感じています。


また新しい時代を、

一歩ずつ踏みしめていきましょう!

「星に届かないことは

恥ずかしいことではないが、

手を伸ばす星を持たないことは恥ずかしいことだ。

ベンジャミン・メイズ」

ありがとう平成。

a0088581_21161296.jpg
平成31年4月30日(火)

和楽器集団「鳳雛」

兒玉 文朋

# by wadaiko-housuu | 2019-04-30 21:18 | 自分への