☆出逢えてよかった☆

「音楽において

最も不可欠で、

最も難しく、主要な事柄は

テンポだ」


モーツァルト


2018年7月21日(土)

元教室の門下生で長らく教室を支えてくれた

高橋君と

いつも演奏をご一緒させていただいている

小沼さんの

結婚式と披露宴に参列させていただきました。

a0088581_23180377.jpg

7月21日=7(な)2+1(み)


2人が結婚をすると聞いたときは、

それはそれは驚きました。

しかし今日2人の姿を見て、

そして温かい会場を見て、

本当に心が温かくなるような、

なんだったら少し泣いてました(笑)


小沼さんはもう10年来のお付き合いで、

現在フルートの演奏や指導のお仕事に携わっています。

和楽器集団「鳳雛」では篠笛奏者として、

一緒に様々な場所で演奏をしたり、

教室の発表会やイベントでもご一緒させていただき、

いつも擬音語ばかりになってしまう自分の指導を、

的確に簡潔に門下生に伝えてくれる、

そして良き仕事仲間としてとってもお世話になっている方です。

いつも冷静に問題点を一緒に悩んでくれて、

時には自分より怒ってくれたり、

良いアドバイスをくれるとても頼りになる子で、

勝手に家族のように思っていました。

a0088581_23225219.jpg

高橋君とは、

以前彼が勤めていた会社の会の余興として、

太鼓を演奏するとのことで指導をしたのがきっかけでした。

初めて太鼓に触れた時から抜群のセンスで、

その後教室の門下生となり、長きにわたり、

教室の核として自分を支えてくれました。

学生時代野球をやっていたり、

年も近く、長い時間を彼とも過ごしました。

とても気が小さいところもあり、

大事なところでバチを落としたり、

袖でえづいていたり(笑)

でもとても繊細で優しい、ほっとけない弟のような、

でも小沼さんと同じくとても頼りになる男でもありました。

a0088581_23271204.jpg
そんな自分にとって大切な2人が、

1つの家族となり、

今日こうして2人を見て、

とても幸せな気持ちになりました。

a0088581_23285729.jpg

2人を良く知っているからこそ、

心配な部分もたくさんありました。

お互い根は優しいのに、

上手くそれを表現できなかったり、

でも心の中では申し訳ない気持ちでいっぱいになっていたり、

そんな2人なんです。


でも今日思ったことがあります。

2人に出逢えてよかった。

幸せのお裾分けなんかじゃなく、

僕の人生の一部として、

幸せにしてくれたと思います。


a0088581_23304695.jpg

高橋はいつも通り緊張してスピーチは固くて、

翌日背中バキバキになるんじゃないかって思うくらい力んでて、

それでも彼の優しさや人懐こいところや

温かい部分をすごく感じました。

また一緒に太鼓が打てて、

2人やゲストよりも

一番楽しくて嬉しかったのは僕だと思います。

そして小沼さんとの2人の演奏は、

本当に心を打つ時間でした。

少し硬い、走り気味のピアノの音に、

小沼さんのフルートはしっかり合わせてくれていて、

2人が支えあっている、

素晴らしい音楽だったと思います。

a0088581_23391761.jpg
ぬまさんは今まで見た中で1番きれいで、

ドレスもすごくぬまさんにあってて、

フルートを演奏する姿はやっぱりかっこよくて、

たくさんの人に心を配れるところ、

本当に尊敬しています。

「ぬまさんにはいつか絶対いい人現れる!」

ってずっと言ってたけど、

そしてそれがまさか高橋だとは思わなかったけど(笑)

高橋をよろしくお願いします(笑)

何かあったら高橋叱り飛ばしにいくから

いつでも言ってね(笑)

a0088581_23450207.jpg
違うテンポで歩いてきた2人が、

今度はお互いのテンポに合わせながら生きていく。

たまに走ってしまったり、

もたついてしまったり、

きっとあると思うけど、

誰よりも人を思いやれる2人だからきっと大丈夫。


今日はありがとうございました

って言われたけど、

こちらこそありがとう。

そして誰よりもたくさんの気持ちを込めて

おめでとう!


和楽器集団「鳳雛」

兒玉 文朋








[PR]
# by wadaiko-housuu | 2018-07-21 23:50 | 和楽器集団「鳳雛」