2018年2月11日(日)

日暮里サニーホールに於きまして、

「鳳雛和太鼓教室第五回お浚い会」

を開催いたしました。

年に一度発表会やお浚い会を開催して、今回があわせて10回目の会となりました。

たくさんの方々に足をお運びいただき、おかげさまで今回も満席となりました。

a0088581_07150771.jpg
アンケートもすべてゆっくり拝見し、いつも多くの方々のお声、

本当に勉強させていただいております。

また募金活動にもたくさんのご支援を賜り、

重ねて御礼申し上げます。

お預かりした募金は責任をもって寄付させていただき、

改めてご報告させていただきます。

a0088581_07201076.jpg
本年11月には、

「鳳雛和太鼓教室開講十周年記念演奏会」

を控え、和楽器集団「鳳雛」の演奏家の方々にもご助演いただきました。

a0088581_07284746.jpg
左より

邦楽囃子 安倍真結さん 邦楽囃子 望月実加子さん  笛 小沼菜美さん  笛 望月美都輔さん

いつもいつもたくさん助けていただいております。

今回ご助演いただいた方々も11月の公演に出演いたしますので、

是非皆さまご予定ください。



本番では、空調の関係でホール内が熱気を帯びてしまい、

多くの皆様にお詫びを申し上げます。

今回は私の中でそういった部分で行き届かなかった点も多く、

帰宅し、動画を観ながら反省ばかりです。

今回の公演はたくさんの門下生に助けられたような公演で、

タイトなスケジュールの中にもかかわらず、一生懸命動いてくれた門下生に本当に感謝とともに、

もっとこちらが充実した環境を整えていたらもっと出来たはず、

と頑張ってくれた門下生にも申し訳ない想いでいっぱいです。



私はこれまでいつもたくさんの方々に支えられて、

助けていただき、またそれに頼ることも多く、

今回は少しでもその甘さも変えて臨んだつもりでしたが、

やっぱり自分はまだまだでした。

打ち上げでたくさんの笑顔や涙を見て、

皆様の温かい拍手やアンケートのお声を拝見して、

たくさんのスタッフの皆さまに支えていただいたのに、

それとは逆に本当に自分のふがいなさが悔しくて悔しくてたまりません。


こういう時きっと他愛のないごあいさつで御礼だけを述べることも出来たかと思いますが、

ここで正直な今の気持ちを記すことで、大きな糧としたいと思います。

今はまだ気持ちの切り替えも出来ておらず、しっかり次のビジョンに向かえてはおりませんが、

また少しずつ前に進んでいきたいと思います。


最後に重ねてになりますが、

皆様、本当にいつもありがとうございます。

がんばります。


和楽器集団「鳳雛」

兒玉 文朋


[PR]
by wadaiko-housuu | 2018-02-12 07:44 | 鳳雛和太鼓教室